月別アーカイブ: 1月 2014


新年 明けましておめでとうございます。昨年、お世話になりましたお客様の更なる飛躍を、心からお祈り申し上げます。

安倍内閣が発足してちょうど1年、日本経済は長く苦しんできたデフレから脱却してきているように思えますが、弊社のような小さな会社は、まだまだ実感が無いのは私だけでしょうか? (・・?

不動産業界では不動産情報のデーターベース化や中古住宅の活用策、容積率・用途等土地利用規制の緩和などを政府は打ち出し既に着手しているようですが、これはごく一部の地域であり、これもまだまだ実感が私は湧いていません。消費増税の関係も有り、住宅の建築屋さんはお忙しいみたいですね。今後、ジワジワでも実感できるよう願う次第です。

さて、横浜市では昨年の11月25日の改正により、「耐震改修促進法」が施行されました。これって何ぞや?と思う方が多いと思いますので簡単に説明します。

簡単に言いますと「多数の人が利用する大規模な建物等に関して耐震診断が義務化された」と言う事です。加えて、政令都市初の取組として「災害時の応急・救急活動等で重要となる道路沿線の建築物に対しても耐震診断を義務付ける」と言う事です。地震大国の日本ですから良い事と思いますが、対象建物を所有されている方は、予期せぬ出費が出てくる可能性が有りますね!(^_^;) 旧耐震建物の所有者様は、資産運用の事業計画の見直し検討が必要かなぁ~・・と感じました。 この取り組みは、たぶんだんだんと全国の政令都市にも反映されてくる事と思います。

と言う事で、今年も山本不動産事務所は、地主様又は建物所有者様の資産運用に最大限貢献していきたいと思います。更に、不動産の中でも影の部分(事故物件)の後処理も今以上にに力を入れて行こうと思います。

どうぞ本年も宜しくお願い致しまぁ~す。(^^)v