H25年度税制改正大綱で、資産課税である「相続税・贈与税」の改正が発表されました。

今まで私達には相続税なんか関係ない!と思っている方!もしかしたら納税するようになるかも・・

 

①相続税の基礎控除が、平成27年1月1日以降の相続から、次のように引き下げられます。

(現状)                            (改正後)

5000万円+(1000万円×法定相続人の数)  →   3000万円+(600万円×法定相続人の数)

②相続税の最高税率の引き上げ

相続税の最高税率が、平成27年1月1日以降の相続について、50%から55%に引き上げられ、税率構造が見直しされます。

③相続税の特定居住用宅地の適用面積の拡大

特定居住用宅地等に係る特例の適用対象面積が、平成27年1月1日以降の相続から、適用面積が240㎡から330㎡に拡大されます。

④贈与税の税率改正

贈与税の最高税率を相続税に合わせるために税率が改正されるとともに、20歳以上の者が直系尊属から贈与を受けた財産に係る贈与税の税率が軽減されます。したがって、贈与税の税率構造が2つに分かれます。(平成27年1月1日以後の贈与から)

⑤相続時精算課税制度の適用要件の見直し

次のように、相続税精算課税制度の適用要件が見直され、同制度を利用できる人が増える事になります。(平成27年1月1日以後の贈与から)

1、受贈者の範囲に、20歳以上である孫(現行:推定相続人のみ)を追加。

2、贈与者の年齢要件を60歳以上(現行:65歳以上)に引き下げ。

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です