今年も残り約1ヶ月となり、だんだんと慌しさが増してきています。

さて、古都鎌倉湘南の自然素材をふんだんに使う新築建売分譲住宅の古屋解体が終わり、建物の間取りもやっと決まり、建築確認申請を提出しました。間取りを決定するのに、だいぶ時間がかかりましたが、良い出来だと思います。。

外観1

解体後↑

外観写真

解体前↑

 

今回の建物の特徴は、自然素材をふんだんに使う事はもちろんの事ですが、2階リビングの南側バルコニー横に、家事室を設けました。その分リビングが狭くなりますが、奥様の使い勝手が非常に効率良くなります。

家事室で洗濯して、横のバルコニーに干して、取り込んで、アイロンがけして、綺麗にたたむ。これが動線が短く一度に出来てしまう、魔法の場所となります。

次回は図面をUPします。

古都鎌倉・自然素材を使った新築建売分譲住宅。最寄駅は「大船駅」 ご期待ください。

 

山本