「訳あり物件、事故物件、瑕疵物件のご相談」東京、横浜 不動産コンサルティングのご相談は「山本不動産事務所」

訳あり=瑕疵とも言います。
瑕疵(欠陥)物件とは文字どおり、何らかの問題点のある不動産のことです。

取り扱いが敬遠される物件

訳あり物件の代表例は以下のとおりです。

  • 所有者が倒産した
  • 入居者が自殺・変死・孤独死した
  • 迷惑住人がいる
  • 火災・浸水があった
  • 再建築不可・違法建築・既存不適格建物・袋地 など

自殺や孤独死・事件・事故などがあった不動産は「心理的瑕疵物件」と呼ばれ、売却時には必ず買主に告知する義務(重要告知義務)があります。瑕疵がある物件は敬遠されるため、売却もしづらくなります。
また再建築不可・違法建築・既存不適格などの建物、袋地で接道義務を果たしていない物件も、そのままでは不動産価値はかなり下がります。

山本不動産事務所では、このような「事件・事故・瑕疵不動産」等の売却の相談を承っています。売却から、法的に問題のない形にクリーニング・リフォームで蘇らせる再活用、新たな入居者を見つけるなど、様々な形で再生を図っていきます。

実績が豊富な当事務所にお任せください

自殺や孤独死・事件・事故など、思いもよらない事で肉親を失ったご遺族・ご家族の心情はいかばかりかとお察しします。
心の傷は時間が経てば治るものではありません。

山本不動産事務所では、残されたご遺族・ご家族の精神的な辛さや痛みを少しでも軽減できるよう、お気持ちを察しながら不動産の売却又は再活用を目指しております。
不動産と直接関係ないような些細なご相談後も、大事な位置付けとしてお話を伺っております。

再建築不可物件など、現行建築基準法に適合する建物にするためのご相談については、専門家の知識も最大限活用し解決します。

こんな「困った!」を解決します

山本不動産事務所では、訳あり物件の売却・賃貸管理・事後対応(クリーニング・解体・リフォーム)のご相談内容に合わせ、最善の解決策をご提示させていただきます。
全国どこへでも出張いたしますので、まずはお気軽にお問い合わせください。

▲このページの一番上へ